診療案内

診療案内

まりふ内科・心療内科では、心療内科を中心として内科から精神科に至る幅広い領域にわたって診療を行っております。
病気によっては日本古来の伝統的な漢方を使用した方が良い場合もあれば、最新の西洋医学的な治療の方が良い場合もあり、またその両者を併用した方が良い場合もあります。
当院では、患者さまの症状を少しでも良くする為にあらゆる治療法を駆使して治療に当たります。

心療内科治療指針

心の病には「こころの仕組み」を十分に理解して頂くことが非常に重要なことと考えます。その基礎の上に薬物療法を活用したいと思っております。詳しくはこちらをご覧ください。

心療内科系疾患の説明

当院で扱う心療内科系疾患の主なものの症状や治療について説明いたします。

うつ病、躁うつ病(双極性障害)
パニック障害(広場恐怖)、社会不安障害、強迫性障害、全般性不安障害
適応障害、急性ストレス障害、心的外傷後ストレス障害
身体化障害、疼痛性障害、心気症

漢方専門外来(日本東洋医学会専門医)

漢方が得意とする疾患は次の通りです。
更年期障害、生理不順、月経困難症、月経前緊張症、冷え症などの婦人科疾患/頭痛、耳鳴、めまいなどの頭の疾患/気管支喘息/過敏性腸症候群/認知症、不眠症/腰痛、膝関節痛などの整形外科疾患/アトピー性皮膚炎、乾癬などの皮膚科疾患/小児の夜驚症、夜尿/アレルギー性鼻炎、蓄膿症などの耳鼻科疾患/慢性膀胱炎、夜間頻尿、尿漏れなどの泌尿器科疾患/肥満症など

漢方について
漢方は自然界に存在する植物の葉や根、動物を使用している為、同じ生命体である人間になじみ易く、副作用が少なく穏やかに効いてきます。また人間の免疫能を高める作用が有るので、服用していると風邪にかかりにくく、癌やその他の病気になりにくい体質を作ります。詳しくはこちらをご覧ください。

一般内科の外来

循環器、消化器、呼吸器、腎臓、代謝など内科全般